こむら返りと言う言葉はご存知ですか?

ふくらはぎが攣ってしまう事を「こむら返り」と言います。

運動中や夜寝ている時に、ふくらはぎが攣った経験はありませんか?

今回は、ふくらはぎや足の裏が攣らないようにするための予防のストレッチのやり方を紹介します。

※ストレッチの効果とは・・・・

ストレッチの効果の一つに血流の改善があげられます。

血流を改善することで筋肉に酸素を供給するとともに蓄積した疲労物質も血流に乗せて患部から流します。

痛みのない範囲で20秒くらい筋肉を伸ばしましょう。

1:ふくらはぎを伸ばすストレッチ①

図1

①壁などに手をつき、伸ばしたい足を後ろに引きます。

②そのまま、体の前の方へ体重をかけていきます。

③踵が浮かないように、つま先が外側に逃げしまわないように注意しましょう。

ふくらはぎから膝裏にかけて伸びます。

2:ふくらはぎのストレッチ②

図2

①正座の姿勢から、片方の膝を立てます。

②膝に体重をかけるように押し込みます。

③踵が浮かないように、つま先が外側に逃げしまわないように注意しましょう。

ふくらはぎからアキレス腱にかけて伸びます。

ストレッチをして筋肉を柔らかくしてあげる事も必要ですが、こむら返りを良くしてしまう方は、コップ一杯のお水を運動前(可能なら運動中)、又は寝る前に取るようにしましょう。

水分が足りない場合でも、足は攣ってしまいます。

ぜひ、試してみて下さい。

首・肩こり解消のストレッチ

野球肩を予防するためのストレッチ