ご自宅でのセルフケアには、お灸もおススメです。

肘から手にかけてのツボや、膝から下のツボを使うことにより、肩こり腰痛冷え性の改善など期待できます。

今回は、お灸でセルフケアをする際のお灸の使い方をご紹介します。

 

1:用意するもの

S__6717497

お灸、チャッカマン、お灸を捨てる容器、ピンセット

S__6717498

お灸は、せんねん灸や香り付きのお灸、煙の出ないタイプのお灸など、様々なタイプがありますが、お好みの物を使ってください。

当院で日頃からお灸でセルフケアをされている患者さまには、煙の出ないタイプのお灸が人気です。

2:お灸の使い方

S__6717573 S__6717571

台座の裏側にあるシールをはがします。

S__6717570

指先にのせて

S__6717566 S__6717565

火をつけます。

指先につけた、お灸を炎に近づける方が安全でおススメです。

S__6717564 S__6717562

点火してすぐは台座は暑くないので、指で持ち、ツボにお灸を貼ります。

3:お灸はいつまでしてもいいの?

ツボに貼ると、ホワーッと温かくなってきます。

この時、お灸の力で血行不良の改善中です。

アツアツ、ピリピリときたら血行不良が改善されたしるしです。

ピンセット等を使い、外してください。

4:お灸の外し方

S__6717560 S__6717557

台座が冷めて、手で触れるようになったら、指で台座をつまみ、捻るようにして外しましょう。

※お灸の燃えている時間の目安は、5~6分です。熱い時は、ピンセットを使いましょう。

5:お灸は何度もしてもいいの?

一つのお灸でピリピリした感じがしなかったときは、同じ場所にお灸を続けましょう。

ただし、初心者の方は1日に同じツボに3個までにしましょう。

整骨院鍼灸院アシストにはせんねん灸認定のセルフケアサポーターの鍼灸師が在籍しております。

自宅でのお灸の使い方や、おススメのツボなど、お気軽にお問い合わせください。