そろそろ、インフルエンザが流行りだす時期ですが、

今年は暖冬の影響もあり、例年に比べてインフルエンザの流行時期がやや遅れているようですね。

インフルエンザは風邪と似たような症状(咳と喉の痛み、発熱など)もありますが、

インフルエンザ特有の症状として、発熱するとすぐに38℃を越える体温上昇。頭痛、吐き気、関節痛、筋肉痛などの全身症状です。

朝から38℃以上の発熱がある場合は、インフルエンザの疑いがあるので、早めに病院へ行きましょう。

mask_man

「インフルエンザの予防」

流行前のワクチン接種

インフルエンザワクチンには、感染後に発症する可能性を低減させる効果。感染後の重症化防止効果。があると言われております。

しかし、インフルエンザワクチンを接種すれば100%安全と言うわけではありません。ワクチン接種した人も、感染しないように以下の予防策を実施しましょう。

インフルエンザウイルスの主な感染経路は、咳やくしゃみの際に口から飛び散る唾などによる飛沫感染です。

①マスクを着用する。他の人の方向へ向けて咳やくしゃみをしない。

②鼻水や痰を含んだティッシュはすぐにゴミ箱へ捨てる。

③流水や石鹸による手指の手洗い。(アルコールによる消毒も効果的)

また、空気が乾燥すると気道粘膜の防御機能が低下し、インフルすエンザウイルスにかかりやすくなってしまいます。

③湿度を50~60%に保つ。

他にも、体の抵抗力を低下させないために、十分な休養と栄養摂取を心がける。人ごみや繁華街への外出を避ける。などがあります。

virus_tearai 

より細かい情報は厚生労働省のHPにも掲載してありますので、ぜひ、ご確認ください。